女川町オープニングセレモニー

2011 年 11 月 15 日

11 月12 日(土)、宮城県女川町に建設された仮設住宅にて、マーケット完成によるオープニングセレモニーが催されました。当日は見事なまでに澄み渡った青空のもと、大勢の住民ならびに関係者が集まり、セレモニーは賑やかに進められていきました。この度完成したマーケットは、世界的な音楽家としても知られる坂本龍一氏らの資金援助により、加瀬グループ提供のコンテナの上に巨大な天幕が張られ完成したものです。その名も、坂本龍一氏の名前から「Ryu’s Marche(坂本龍一マルシェ)」と付けられております。

女川コンテナ仮設住宅セレモニー

オープニングセレモニーで空高く舞い上がる風船と、「坂本龍一マルシェ」の横断幕を背に来賓挨拶をされる板茂建築士

マーケット内では、8基のコンテナが置かれ、そのコンテナを活用して地元産の農林水産物などが販売されるものとなります。地場産業の振興を進めるとともに、仮設住宅内に生活する住民の皆様への食料品、生活用品の提供の場として活用されることとなります。

マルシェ

8基のコンテナの上に張られた天幕によるマーケットと、広場で実施されたサンマ試食会

現在は、同じくコンテナを活用しての住民用集会場の設置工事が進められております。合わせて紙管によるアトリエ兼図書館の施工も同時進行され、いずれも年内の完成を目指しております。 しかし今回の女川町での仮設住宅の完成は、これをもって完了とするものではありません。加瀬グループとしましては、むしろ‘はじめの一歩’としてこれを認識致しております。日本は正に震災大国であり、いつまた東日本大震災のような巨大な地震やそれに伴う津波被害が発生するともわかりません。今後も危機管理を念頭とした日々の研究・開発を続けていく覚悟を新たに、セレモニー会場を後に致しました。

コンテナ仮設住宅

仮設住宅ならびにマーケット建設に、加瀬グループのコンテナが使われました。

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrShare on Facebook

心臓移植のための募金が目標額に

2011 年 11 月 15 日

「心移植しない限りは余命半年」
1歳1カ月の阪田 碧(あおい)ちゃんは、先天性の重い心臓病を患い、
7月に手術を受けたが、その後、症状が悪化し、医師にそう告げられました。

日本では2010年7月、改正臓器移植法が施行され、15歳未満のドナーからの臓器移植が可能となっています。
しかし、10歳以下のドナーからの心臓移植の症例はなく、碧ちゃんの両親は、カナダでの移植手術を選択したという。

カナダで移植を受けるには、およそ1億円が必要だということで、ご両親と支援者にみなさまが、募金活動を行っていました。
弊社も、ささやかな支援を行っておりましたが、昨日募金額が目標に達したとの連絡を受けました。

碧ちゃんとご両親は、11月17日にトロントに向けて、ご出発すると聞いております。
ドナーが早くみつかり、手術が成功することを、心よりお祈り申し上げます。

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrShare on Facebook

【全国初】全国初の3階建て仮設住宅の入居が始まりました。

2011 年 11 月 10 日

被災地の宮城県女川町にて、コンテナを使用した全国初の3階建て仮設住宅の入居が始まりました。

弊社は3月11日の東日本における震災の復興支援として、コンテナハウスを活用した仮設住宅の設置に取り組んで参りました。

同町はリアス式海岸が続き、平らな土地が少ないことから、必要な戸数を供給できる目処が立っていませんでした。そこで、震災直後から現地で支援活動を続けている建築家の坂茂(ばん・しげる)氏が、コンテナを使って多層(2?3階)の仮設住宅の建設を提案。加瀬グループもコンテナの提供という形で建設のお手伝いをさせていただきました。

同町女川浜の総合運動公園野球場にはコンテナ製2階建て仮設住宅が既に完成しており、45世帯が入居済みです。3階建てと合わせると全部で9棟に計189世帯、464人が暮らすことになります。

コスト、納期、敷地確保等厳しい条件が重なる中で、少しでも快適な住空間を被災地の皆様に提供することを目指して取り組んで参りました。被災地の一日も早い復興を心よりお祈りするとともに、これからも全力で復興支援活動に努めて参ります。

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrShare on Facebook