全国賃貸住宅新聞に掲載

2012 年 9 月 25 日
賃貸新聞

2012年9月17日付けの「全国賃貸住宅新聞」に弊社の記事が掲載されました。

~記事内容~

  レンタル式のコンテナボックス事業を展開している加瀬倉庫(神奈川県横浜市)では、派生事業として賃貸マンションなどの強制執行・明け渡し執行に伴う荷物の撤去や運搬業務を行っている。
  コンテナボックス事業を通じて各地に保管場所があることで常に、「執行場所より30分圏内には、保管場所を確保することもできる」(同社)という特徴を生かし、毎月首都圏で20件以上の案件があるという。同社は年間150件以上の不動産を落札している実績がある。そのためこうした業務での蓄積されたノウハウがあることも強みになっている。
  2年ほどより展開しているが、今後は「コンテナボックスの加瀬」のブランド力を生かして、更にオーナーに対して受注活動を進めていきたいという。

賃貸マンション明け渡し執行補助  加瀬グループが派生ビジネスとして

  この事業は主に競売物件に対する引き渡し命令や夜逃げ、行方不明・家賃滞納明け渡し等の執行補助として行うもの。執行補助は、文字通り執行官のもとで、執行費用の見積もりや搬出場所の確保、書類作成業務などを行う。目録作成や競売にかけるものをその場で仕分けることが必要になるため、専門性が高い。
  同社は約20社ある横浜地裁の登録業者の1社。神奈川県内はもちろん、東京・千葉・埼玉もカバーする。
  同社によれば、執行業務は経験豊富な執行作業員がワンルームであれば、5~6人、ファミリー物件7~8人が常時担当、通常の引っ越し作業よりも早くできるという。例えば70㎡程度の3LDKであれば、2時間程度で作業を終えることができるという計算だ。

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrShare on Facebook

ガレージ倉庫キャンペーン実施中!

2012 年 9 月 24 日

大森南4丁目駒岡鶴見のガレージ倉庫でキャンペーン実施中!
先着3室で初月使用料を無料とさせていただきます。

広いスペースを利用して、店舗の商品管理場所としてはもちろん、バイク・自転車のお手入れや部品保管、サーフィンやカヌーなどスポーツ用品の管理など、様々な用途で使用できる便利な倉庫です。
詳細は下記PDFをご参照ください。

PDF

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrShare on Facebook

「トランクルーム港区南青山」オープン!

2012 年 9 月 18 日

トランクルーム港区南青山が9月4日にオープンしました。

◆ちょっとした荷物置場として、小さいサイズもご用意しております。
◆ALSOKのセキュリティー完備で24時間安心してご利用いただけます。

0.4帖から2.5帖の間の16のさまざまなサイズをご用意しています。

一番小さいサイズは0.4帖、初めて利用する方にもおすすめです!

ネットで早速無料見積もりしてみましょう!

詳細はこちらへ→

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrShare on Facebook

東北のレンタルボックス@国際ホテル旅館

2012 年 9 月 11 日
<inter_hotel

2012年8月20日付けの「国際ホテル旅館」に弊社の記事が掲載されました。

~記事内容~

土地活用提案を行っている加瀬倉庫(本社・神奈川県横浜市)が展開しているコンテナ型レンタルボックス事業が好調だ。同社は現在、首都圏を中心に800か所4万区画のレンタルボックスを運営しているが、市場自体はまだ拡大傾向にあるという。

同社は基本的には10年の定期借地権で土地を借り上げ、定額の賃料を土地所有者に支払う仕組み。もちろん短期の一時使用も可能で、土地所有者にとっては、次の活用方法までの繋ぎとして安定した市場がある。

コンテナ型レンタルBOXを空地に東北エリアでのニーズ拡大

中でも現在、大きな需要があるのが、宮城県などの被災地周辺だ。住居を失った被災者を中心に利用者が増加、今後は復興工事に向けて、建築会社や工務店のニーズも期待されている。同社は宮城に拠点を持っていないため、地元不動産会社との連携も視野に入れていきたいという。

現在、宮城県内では仙台市や多賀城市で3カ所、約150個のレンタルボックスを運営しているが、特に多賀城の現場は開業からほぼ満室状態が続いており、他のエリアも高い稼働率を維持しているという。

今後、被災地では、宮城県だけでなく福島県や岩手県など 広範囲に渡ってニーズは拡大すると考えられ、同社はこうしたエリアへ積極的に進出 していきたいという。

 

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrShare on Facebook