ガレージ倉庫キャンペーン中!

2012 年 10 月 23 日
ガレージ倉庫大森南

クルマと楽しむ豊かな生活をサポートする 大森南4丁目のガレージ倉庫の内部をご紹介いたします。

幅4m、奥行6.2mのガレージ倉庫は、内部に作業スペースが確保できます。 また、クルマとオートバイの両方を格納することも可能です。 天井も高さ2.7mと余裕があるので、車高の高いクルマもOKです。

一般的な駐車場の広さは、せいぜい幅2.5m奥行5.0mなので、 およそ2倍の広さを誰にも邪魔されることなく利用できます。 この広さで月額使用料の52,500円は、かなりお得です。

今なら、キャンペーン中につき、 フリーレント2ヶ月+事務手数料無料となっています。

・シャッターの間口は1.90mなので、入出庫には注意が必要です。
・キャンペーン適用条件:新規で3カ月以上のご契約であること。
・初期費用:礼金や仲介料はありませんが、保証委託料が使用料の1ヶ月分かかります。

詳しくは>>ガレージ倉庫大田区大森南4丁目

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrShare on Facebook

コンテナ型の野菜工場

2012 年 10 月 22 日

光や水、温度を人工的に管理された屋内施設で 無農薬の野菜を育てる「野菜工場(植物工場)」への期待が高まっています。

農林水産省と経済産業省は総額150億円もの補助金で建設を促し、 東日本大震災後には、津波による塩害や放射能汚染の問題を抱える被災地の復興の手だてとして、植物工場へ注目が集まっている。

野菜工場には、大型の植物工場と店産店消の小型タイプに分けられます。 弊社では、植物プラントユニットをコンテナに格納することによって、 店産店消(店で生産し、その店で消費する)型の野菜工場を開発しています。

飲食店などが、敷地内に置いた植物工場で生産した無農薬野菜を、 収穫してすぐに提供できるので、新鮮さとアピールできます。

また、移設可能なので、賃貸不動産でも導入を検討いただけます。

ご興味があれば、お問い合わせください。

担当:佐野 080-3392-7831

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrShare on Facebook

改造コンテナ@山下公園

2012 年 10 月 1 日
コンテナハウス

9月最後の秋晴れが広がる週末、横浜でトライアスロンのイベントが開催され、
29日には世界選手権、30日には一般参加型の市民レースが行われた。

心配された台風の影響もなく、また30日のレースには、
F1レーサーのジェンソン・バトン氏が出走することもあって、
大勢の出場者と応援者のほか、たくさんの観客が詰めかけた。

みなとみらいエリアから会場に戻る選手を迎えるゲートのすぐ脇には
改造コンテナ4基で造られた展示ブースが置かれ、イベントの華々しさを演出した。

これは、スポーツグラスの世界企業オークリーのイベントブースである。
存在感たっぷりのブースは、特にミドル世代の男性に大人気があるようだ。

販売:S.D.PLAN
協力:加瀬倉庫

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrShare on Facebook