韓国での事業展開

2013 年 1 月 29 日
韓国企業との提携

「漢江(ハンガン)の奇跡」と呼ばれる急速な経済成長を経て、
韓国は、いまや世界有数の生産国となりました。

振返れば、悪評高い「ゆとり教育」で日本人の学力が停滞し始めたころ、
韓国では、全国の98.7%の学校で放課後学校(課外授業)が行われた。

当時、塾や家庭教師など、学校外での教育が社会問題化していたのは、
日本も韓国も同様であるが、行政は正反対の対応をしたわけである。

教育行政との因果関係はさておき、現実、韓国のLG電子とサムスンは、
かつてジャパン・アズ・ナンバーワンの象徴であったソニーやパナソニックを追い越した。

また、ITインフラは、日本よりずっと早く整備され、通信料金も日本よりはるかに安い。興味深いところでは、国連の発表した世界電子政府ランキング(2010年)において、1位韓国に対し、日本は19位と大きな差を見せつけられた。このことは、産業革命に続く「第三の波」にもまれる現在において、
変革の必然に国家が率先対応する韓国と、旗は振りながらも、どこか後ろ向きな日本との違いが結果となったのだろう。電子政府そのものより、変革への対応姿勢の違いは、企業の国際競争力にも反映するはずである。

閑話休題、歴史と領土の残念な問題による両国間の軋轢はさておき、日本と韓国は、これからもずっと隣人であり、グローバル社会においては、良きライバルであり続けるはずだ。また、アジアに向けた日本の国際化は、揺るぐことはなく、貿易・投資・人的交流など様々な分野での機会の拡大は明白だ。

加瀬グループでは、韓国および中国とは、これまで主に輸入先としての関係を続けていました。
しかしながら、アジアにむけた国際化の必然性を見据え、韓国企業と合弁事業を開始することとしました。

3年もの準備期間を経た昨年12月、提携会社のビジネスプランを確認し、業務提携の基本契約を締結しました。
具体的事業については、然るべき段階においてリリースを行う予定です。

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrShare on Facebook

全国賃貸住宅新聞に掲載

2013 年 1 月 17 日
chintainews183x300

2013年1月14日付けの「国際ホテル旅館」に弊社の記事が掲載されました。

~記事内容~

セパレート式バスユニットで浴室リニューアル提案「加瀬倉庫」

加瀬倉庫(神奈川県横浜市)ではこのほど、ユニットバスのリニューアル事業を開始した。
同社が手掛ける商品の特徴は、従来の3点ユニット式ではなく、トイレとバスタブのセパレート式ユニット商品。タイプは「ハート形浴槽」と「角型狭小用UB」の2つ。前者の浴槽は文字通り、ハート形をしている浴槽で、利用者は入浴時に肩までつかることができる他、半身浴もできる2WAY設計を採用。独特の凸型形状によりユニットバス(UB)を広く使うことが可能。大型ミラーを設置することで使い勝手を向上させているだけでなく、UB内を広く見せる効果があるという。
また3段式のスライドドアの採用により邪魔にならないよう配慮した。価格は工賃等含まず27万6900円。
一方、後者も文字通り狭小用のUB。角型の形状によりスペースも確保できるほか、半身浴ができる設計。シャワーブースからの変更もできるという。角型の形状によりスペースも確保できるほか、半身浴ができる設計。シャワーブースからの変更もできるという。角型にすることでどのような所にも収まるなどのメリットがある。こちらの価格は工賃等含まず20万6900円。これらの商品は現在、賃貸マンションのリニューアルとしてニーズが高まっているという。
同社によるとホテル、特にビジネスホテルでもバスルームは3点UBよりもセパレートタイプが好まれる傾向が高くなっており、同社では他との差別化ができるリニューアル法として、全国の施設にアプローチしていきたいという。

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrShare on Facebook

WEBサイト公開「加瀬リフォームサービス」

2013 年 1 月 12 日

リフォーム事業の強化に伴い「加瀬リフォームサービス」のWEBサイトを新規に公開いたしました。
当サービスの特徴は下記の通りです。

●東京・神奈川をカバーする広いネットワーク
●クロス790円からの安心価格
●古い3点UBをトイレ、フロ別にセパレートするノウハウ
●お客様のご要望にお応えできるパックプラン
●お部屋のリノベーション

原状回復・リノベーション・住宅設備交換など、リフォームに関することなら
何でもご相談下さい。
受注から施工、アフターフォローまで自社で一貫して対応しているため、
リーズナブルな料金で安心と満足をご提供いたします。

まずは気軽にお問合わせください。
045-285-5500

http://www.kase-reform.com/reform/

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrShare on Facebook

国際ホテル旅館に掲載

2013 年 1 月 9 日

2013年1月5日付けの「国際ホテル旅館」に弊社の記事が掲載されました。

chintainews183x300

~記事内容~

3点ユニットバスをセパレートタイプに
加瀬倉庫 ビジネスホテルの改修需要期待

加瀬倉庫(神奈川県横浜市)ではこのほど、客室内浴槽のリニューアル事業を開始した。主にビジネスホテルに対して積極的に提案していく。
同社が手掛ける商品の特徴は、従来の3点ユニット式ではなく、トイレとバスタブのセパレート式ユニット商品。タイプは「ハート型浴槽」と「角型狭小用UB」の2つ。
前者の浴槽は文字通り、ハート型をしている浴槽で、利用者は入浴時に肩までつかることができる他、半身浴もできる2WAY設計を採用。独特の凸型形状によりユニットバス(UB)を広く使うことが可能。大型ミラーを設計することで使い勝手を向上させているだけでなく、UB内を広く見せる効果があるという。また3段式のスライドドアの採用により邪魔にならないよう配慮した。価格は工賃等含まず27万6900円。
一方、後者も文字通り狭小用のUB。角型の形状によりスペースも確保できるほか、半身浴ができる設計。シャワーブースからの変更もできるという。角型にすることでどのような所にも収まるなどのメリットがある。こちらの価格は工賃費等含まず20万6900円。
これらの商品は現在、賃貸マンションのリニューアルとしてニーズが高まっているという。
ホテル、特にビジネスホテルでもバスルームは3点UBよりもセパレートタイプが好まれる傾向が高くなっており、同社では他のホテルとの差別化ができるリニューアル法として、全国の施設にアプローチしていきたいという。

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrShare on Facebook