かながわ経済新聞に掲載

2014 年 7 月 14 日

アルソーレ記事

2014年7月10日付けの「かながわ経済新聞」に弊社の記事が掲載されました。

中古品の販売事業参入

引っ越しで不要品買収
 「ワンストップサービス」

一般貨物輸送や引っ越しサービスを手掛ける加瀬運輸(横浜市鶴見区、☎045・575・1520)は、中古品の販売事業に参入する。
事業所や家庭で引っ越しの際、不要になった物を同社で引き取る。同事業に必要な「古物商」の許可が得られたため、7月をめどに始める。
顧客から引き取ったり、買い取ったりした中古品は、同社が保有する倉庫でガレージセールなどほどを催し、販売する。将来はインターネット販売も想定している。
同社によると、運輸業界は、燃料費の上昇や得意先となる製造業が、国内生産を縮小していることから、厳しい状況が続いているという。
「そんななかでも、私たち運輸業者が、本業の延長線として、中古品を回収し、それらを地域で販売していく新しいモデルを確立することで、業界全体の活性化にもつなげていきたいです」と西中鉄也部長。
また、引っ越しの際、運送から梱包、不用品の買い取りまでを加瀬運輸1社がカバーすることで、顧客にとってワンストップサービスが可能になるという。
加瀬運輸は一般貨物輸送などが主力。一般貨物では「平ボディ車」での重量物の運搬に強みを持っている。所属するほとんどがベテランのドライバーという。

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrShare on Facebook

かながわ経済新聞に掲載

2014 年 7 月 4 日

アルソーレ記事

2014年6月10日付けの「かながわ経済新聞」に弊社の記事が掲載されました。

シングルマザー専用シェアハウス

DV被害者の受け入れも

加瀬倉庫(横浜市港北区、☎045・478・5388)は、シングルマザー専用シェアハウスの展示を始めた。配偶者からの暴力「ドメスティックバイオレンス(DV)」の被害に遭っている女性の受け入れも想定している。
同社では、市内で第一棟目として、JR線・鶴見駅近くにシェアハウス「ALSOLE(アルソーレ)」を建設。入居者の募集を始めた。
賃貸マンションの一部を改装した。部屋数は計8室。キッチン、トイレは共用だが、冷蔵庫などは各部屋に設置されている。
総務省の統計によると、全国にシングルマザーは108万人(2010年統計)とされている。
同社の渡辺升太主任は「シングルマザーは部屋探しに苦労することがあります。所得が低いなどの理由で、断られてしまうケースがあります」と説明。その点、同シェアハウスでは、面談による入居審査が基本。保証社会による審査もないという。
子育て支援団体とも連携しているほか、今後はシングルマザー同士の交流を深めてもらおうと、月1回ほど入居者の懇親会も企画するという。6月に内覧会を予定している。

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrShare on Facebook